Featured Post

グリーンスムージーって野菜多め?果物少なめ?

グリーンスムージーを作るときに迷うのが、野菜を多く入れたほうがいいのか 飲みやすいのがいいから、果物多めにしてもいいのか?ってこと。 配分ってあるのかしら?なんて思いながらサラッと頭に入れた知識だけで グリーンスムージーをしばらく作って飲んでいました。 始めて作った時は、ちょっと飲みにくかったので果物多めに入れたりして。 飲みにくい場合でおすすめなのが、野菜が4割、果物が6割なんですって。 ここから徐々に果物の量を減らしていって野菜を多めに入れるようにすると 栄養面も強化されるみたいですね。 果物が多いと糖分も多くなるわけだから、どうんなんだろうか。 果物の糖分、果糖って血糖値をあげないって聞くから、 普通の砂糖を摂るよりは体にいいって聞くけど。。。 でもやっぱりというかきっと摂りすぎはよくないだろうから 程々にした方がいいんだろうなー。 果物の糖分が気になる時は 糖分が低い果物、例えばりんごとかそういったものを 選んで入れたらいいのかな(*゚▽゚*) で、徐々に果物の量を減らしていって、野菜多めにしていけばいいんだし。 ちなみに、野菜が多いグリーンスムージーのことを「スーパーグリーンスムージー」 なんて言うみたいです。 私も失敗したことがあったんだけど うちのブレンダーは小さくて野菜や果物をよくばってギュウギュウに入れたら なかなか綺麗に混ざらなくて余計に時間がかかるわ、食感も悪いしわで、 だから始めて作るときはちゃんとレシピをみて作ったほうがいいかも。 始めて飲むグリーンスムージーがまずいと、毎日飲みたいなんて気が起こらなくなるかもしれないから(^_^;) 今って粉と水で作るグリーンスムージーもあって、 かなりの人気みたい。 ミネラル酵素グリーンスムージーって商品もマンゴー味とはちみつレモン味 と2種類味があるから飲みやすいって。 カロリーも確か22キロカロリーとかで、びっくりするほど低かったような。 粉だと失敗は関係ないから、飲みやすいと言えば飲みやすいのかもしれないですね。 大阪のキャビテーション・痩身エステ完全ガイド※梅田・難波など

Read More

音楽大学へ進学した学生時代

Posted by admin | Posted in 未分類 | Posted on 12-04-2014

0

今でも時々ピアノの発表会もしくは試験で、直前に提示された曲の為全く弾けずに困ってしまうという夢を見ます。
もう音楽大学を卒業してから10年近く経つのに、未だにその当時の緊張感が夢になって表れるのです。
どんな夢よりも恐ろしく、出来れば見たくない夢です。

私は中学校から音楽大学の付属へ入学しました。
幼稚園からヤマハの幼児ピアノ教室へ通い、小学生からは地元の個人レッスンへ通っていました。
小学4年生から受験を考え始めたのですが、やはり音大付属を受験するとなると音大の先生に
就かなければ合格は難しいとの事でした。

そこで元々習っていたピアノ教師のツテを辿りに辿って、何とかレッスンを受けさせて頂く事になりました。
そこまではよかったのですが、その音大の教授の怖い事怖い事…
小学生だからと容赦することなく怒鳴られ続け、レッスンの度に泣くのを堪えてひたすら弾き続けていた覚えがあります。

途中からは音大付属中学校の先生も紹介して頂いて、二刀流で通い始めました。
先生たちのお蔭で何とか無事合格する事が出来て、中学校から大学まで10年間音楽の勉強をする事になりました。

受験勉強の時、私は毎日4,5時間ピアノを練習していました。
きっと後にも先にもその頃が一番練習していたかもしれません(お恥ずかしながら…)。
その前から長時間ピアノの練習をする日々は見えていました。
元々私はアプライトピアノで何も防音設備のない部屋で練習していたのですが、受験のために両親がお金を出してグランドピアノと防音室を作ってくれました。
けしてお金持ちでもない我が家なのに、今でもこの事に関しては本当に感謝しています。

我が家の防音室はアビテックスのような完全防音室ではなく、吊り天井と床上げ、そして二重窓という作りでした。
某一流ピアノメーカーに工事を依頼しました。
完全防音室ではありませんでしたが、前述のような長時間の練習でも苦情を言われたことはありませんでした。
「さすが一流ピアノメーカー!」と子供ながらその防音性を実感していました。

これだけピアノの事を書いてきたので大学までずっとピアノを専攻していたと思われるかもしれませんが、実は高校入学時には声楽科へ転科してしまったのです…すみません。
声楽科へ行っても勿論ピアノを副科目として勉強し続けていましたが、やはり専攻科目から外れた事もあり少しずつ練習時間は減ってしまいました。

今私には1歳目前の女の子がいます。
とても人様に教えられるような実力はありませんが、少しでも娘が興味を持ってくれるように3歳くらいからまずは電子ピアノで手ほどきしてあげたいなと思います。